2010年12月10日

岡田薫、畑仕事、第4弾

岡田薫、畑仕事、第4弾です。師匠吉野氏が育てた里芋!!甘くて、白くて、柔らかくて、美味しい。岡田薫はなんとも言えない感動でした。人が作ったものを頂いてきて食べて、これだけ感動するのだから、自分で育てたカブ、ホウレンソウ、そら豆、、、、来年が楽しみです。先週、組合のゴルフで大秦野と言う、吉野氏の畑の山一つ中井寄りのゴルフ場に行ってきました。自分の車であれば、カブ、ホウレンソウの間引きをやって来たいところでしたが、仲間の車に乗せて頂いていた為、行く事が出来ませんでした。夏みかんや、みかんがかなり出来ていました、もちろん夏みかんは時期ではありませんが、みかんはそろそろと言う感じです。何個か貰ってきましたが、その日のうちに、吉野師匠の奥様から、内の息子に連絡が入り、すっぱいので、ジュースにしてくれとの事。ん~~ん、まだ、酸っぱいかな?来週に又お手伝いをさせてもらおうと思っています。前回はビニールシートを掛ける家業を手伝わせてもらいましたが、流石に知らない事ばかり、、、、。ビニールシートを何かビスみたいなもので抑えるのかと思ったら、なんと、土を1m間隔に乗せ、その重さで抑えるというから、ビックリ!!色々と生活の知恵を使っているのだな~~と感心感心!!たらの芽もすこしづつ大きくなって来た気がします。又来週、土いじりをして、大地と仲良くして、血圧を下げてきます。大地と仲良くするといえば、、、大地と喧嘩しながらフェアウェイと戦い、芝刈り、草刈をしたゴルフ、、又、102も叩いてしまいました。80台、90台が出ていた9月はナンだったのか。今回は、ドライバーを間違えて持っていってしまいました。でもゴルフはすべて、自己の責任。タラレバはありませんが、今、スクールの先生にフォームの改造をさせられているので、、、まっ、仕方ないか、、と自分に言い聞かせております。
       たらの芽です。
       土の錘を乗せたビニールシートです。
       丸っこくて、ちょっと皮の硬い種類のみかんです。
       普通の硬さの皮のみかんです。



Posted by ピアノッチ at 22:44│Comments(8)
この記事へのコメント
畑仕事、楽しそうですね。土は、いいですね。
今は亡き映画評論家、小森のおばちゃまが、
「野菜ちゃんは偉いのよお〜。あんなに小さな種から成長して、人間を養ってくれるのよ。おばちゃまはお肉はいただかないの。お野菜だけ。戦争中に日本人を養ってくれたのは、お野菜とお豆」と、よく言っていらっしゃいました。お肉を召し上がらなかったせいか、「80年以上も日本人をして」いらしたおばちゃまの肌には、ほとんどシミがありませんでした。
都会育ちの薫さん、土に呼ばれたんでしょう。芝生のない土。
Posted by capiglia at 2010年12月11日 02:18
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。